黒澤Rさんの作品の漫画「相姦の赤い河岸」1巻を読んだ感想

相姦の赤い河岸

漫画「相姦の赤い河岸」1巻を読んだのですが、とても面白かったのでレビューします!

まず言いたいことは、エロくてドキドキする内容だったということです!

絵がすごく綺麗でエッチシーンがすごくエロくて良いアングルで書かれていて、とても上手だなと思いました。

近親相姦な感じも尚エロく感じます……。

無料で試し読みするならこちら⇒

相姦の赤い河岸ってどんな話?

内容は小さい頃に両親が蒸発した友美は親戚の要という叔父さんに引き取られて面倒を見てもらうことになるのですが、一緒に生活するうちに次第に男と女の関係になってしまいます。

要は何度もこの関係を断ち切らないといけないと思いながらも何度も何度も体を重ねてしまいます。

そんな中、友美に婚約者も出来、要と友美との関係を終わらせないといけないカウントダウンが始まりました。

婚約者の真治と友美は体を触りあったりなどはするが一線は結婚するまで超えないという真治の取り決めがあり、友
美に済まなそうに思っているが友美は要との行為で満たされているので不満に感じていませんでした。

真治と友美と要が自宅に居て、真治が帰るのですが途中で忘れ物をしていることに気づき引き返すのですが、友美と要はその時行為の真っ只中に真治が家の近くに来ているシーンはドキドキするし、エロかったです。

綺麗なエロシーンにドキドキ♡

この作品は内容も良いですが何よりエッチのシーンがエロくて作画が綺麗で、その印象が根強く残って居ます。
ついつい見入ってしまうぐらいです。

冒頭にもありますが、綺麗なエロシーンが所々に入ってきて、ドキドキします!

絵がきれいなのもさることながら、エロシーンがしっかり描かれているうえに、そのシチュエーションにもドキドキ……

見どころです!

ぜひ試し読みしてみてください!

この先もどうなっていくのか気になりますし、どんなシーンが繰り広げられているのかがすごく気になって居ます。

これからも注目したいと思う黒澤Rさんの作品、ぜひ試し読みしてみてください!

無料試し読みする!

本ページの情報は記事作成時点のものです。
最新の配信状況は各サービス提供サイトにてご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です