将棋棋士の人間模様がアツい!漫画「3月のライオン」最新12巻の感想!

3月のライオン

「3月のライオン」の最新12巻の内容は?

気になる口コミをご紹介します!

「3月のライオン」の最新12巻の内容は?

最新刊の12巻では、主人公の桐山零がお世話になっている家族である川本家の幸せについて考えます。

また、何人もの個性的な棋士が出て来ます。

将棋だけではなく、人間模様も素敵なのです。

九州男児の藤本雷堂の浮気、家庭問題やら、やけにじっと見つめてくる不吉な雰囲気を持った滑川さんの恐ろしさとかが思わず笑ってしまうほどの独特なタッチで描かれているのです。

これ、少女漫画に分類していいのかな?と思う位のタッチなのです。

最新12巻の見どころは?

12巻の見どころは、やはり”薩摩編”の藤本九段かと思います。

いきなり、筆で描いたかのような迫力のあるタッチで示現流で木刀を振り回し、「イギィエエエエーー!!」「チェストーーー!!」と叫びながらガツガツと気に木刀を振り下ろします。

もちろん将棋に勝ちたいという心の表れ、それが「九段」、「棋竜」の地位を守る為というのもあるのですが、大ゴマ使って言うのが「モテなくなってしまうだろうが!!」なのです。

藤本九段キャバのお姉さんに骨抜きなのです。

表情がどシリアスなのに、この心の叫びのギャップに大爆笑です。

また、キャバ嬢と妻と娘が鉢合わせになるという恐ろしい事態も藤本さんはプールに飛び込んだり、後輩棋士に「よか酒じゃぁ」と酒を飲ませてつぶしたりしながら乗り切っていくのです。

もちろん将棋のシーンもあるのですが、そこよりも藤本九段の生きざまがこの”薩摩編”では激しく、そして少し優しく書かれているのが見どころだと思います!

藤本九段の魅力は?

藤本九段を押している私ですが、違った意味で素敵だと思うのが、この藤本九段の奥様なのです。

プールサイドや前日の宴で、ある意味ライバルとなるキャバ嬢と鉢合わせしても直接的には何も言わずに冷たい視線を向けるのみ。

そして、棋竜戦の戦いを涙を流しながら「お父さま 戦ってらっしゃるわ」と見守ります。

それだけではなく、キャバ嬢に骨抜きにされている藤本九段を愛していて、彼が一時しか幸せになれない相手(キャバ嬢)には離婚には応じないとはっきり言うのです。かっこいい。

こんな女性になりたい!と思わせる人なのです。

毎巻恒例!?おいしそうなごはん!

この漫画、一巻に一つは、思わずお腹が鳴ってしまいそうになるおいしそうな描写があるのです。

この巻では「具沢山アツアツつけ汁でつけめん」がとても美味しそうです。

あと、夏祭りでシロップゼリーを売るのですが、それも美味しそうです。

このシロップゼリー、主人公の先輩にあたる島田八段と、あかりおねいちゃんを引き合わせるものとなるのです。

このエピソードがとても好きでして、まだ出会ってすぐなのですが、「この二人、今後どうなるんだろう」とヤキモキしてしまう位なのです。

胃弱な島田八段はあかりたちが作るシロップゼリーを食べ「うまかった。久しぶりに胃痛が消えている」という感想を持ちます。

そして急な落雷と雨に転びそうになってしまったあかりの腕をつかんで支えます。

その時、桐山の元担任である林田先生もあかりを支えるのですが、転ばなかったあかりに二人が顔を見合わせるのが何とも言えません。

恋のバトル勃発してしまうのでしょうか!!

そんなこんなな12巻ですが、最後はみんなで幸せそうにカレーを食べるシーンで締めくくられます。

本当にしあわせそうです。

13巻が出るのを楽しみにしています。

3月のライオンが無料試し読みできる!

アニメに映画と、目が離せない「3月のライオン」を無料で試し読みできるって知っていますか?

アニメも独特の雰囲気がありましたが、漫画の方も雰囲気のあるイラストでかなり楽しめます!

無料ですから、ぜひ試し読みしてみましょう!

無料で試し読みするならこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です