アニメ「宇宙兄弟」第13話を観ました!あの人のスピーチが!

アニメ「宇宙兄弟」第13話をみました!

ムッタって、基本的には陽気な人間ですよね。

序盤はムッタらしいコメディ調の話しからはじまりました。

毎日やることになる、単純作業のような簡単な課題が行われます。

ここまでは、作業自体は単純なものなので、「多くはできない」ということはあっても「課題自体がこなせない」ということはありません。

問題は次の課題なんです。

他人を納得させる難しさ

「人が納得する抗議文を作成する」というもの。

他人を納得させる様な文章ってとても難しいですよね。

「どうすれば相手が納得するのか?」正解は無いながらも、みんなそれぞれに考えます。

そんななかムッタが思い出していたのは、宇宙飛行士「野口聡一さん」によるスピーチでした。

……ん??野口聡一さん……?

お気づきの方もおられるのではないでしょうか。

そう野口聡一さんといえば本物の宇宙飛行士です!

しかもこの回想シーンで出てくるスピーチ。これ、野口聡一さん本人なんじゃない??

と思ってエンドロールを確認したところ、やっぱり!本人でした!

ネタ元は、野口さんのスピーチではないものの、野口さんがぽろっと口にした話なんだとか。

それにしてもこの野口さんのスピーチ……本当のスピーチ音声を使っている??

だって間のとりかたとか、明らかに絵に合わせてしゃべっている感じじゃないよね……?

そう!このスピーチシーンは、絵に声をあてる方式ではなく、声に絵をあてる方式を採用しているそう。

どうりで、スピーチそのままっぽいな~と思ったわけです!

スピーチそのままの音声ではないものの、まるで本当のスピーチのように自然なシーンに仕上がっていたのは、そういった工夫があったんですね!

野口さんの自然な語り口調が活かされていて、とても良いシーンになっていますよね!

今後が楽しみな宇宙兄弟!

三次試験から、ついに「課題を解決する」というような内容になってきました。

コミュニケーションを取ったり、ひとひねりしなくてはいけない課題に協力して立ち向かっていくという流れになって、とても楽しいですね!

そんな宇宙兄弟の原作漫画を試し読みすることができるんです!

無料で試し読みするならこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です